2017年6月9日金曜日

Focus Diary 026 再会

Focus Diary 026 再会

今年も行ってまいりました、shukura!
今回は初乗車となる上越妙高から十日町までの「越乃*shukura」。まさに冠列車です。

そして同乗するのは大学時代の友人たち。
実に色気のないメンバーですが、昨年来非常に楽しみにしていてやってきたこの日。





希望のボックスシートは取れませんでしたが、初夏の新潟を思う存分堪能できました。

ところで残念なお話。
実は前回まではお酒を楽しむおちょこが三条の金杯でしたが、今回は…陶器。
はて、と伺うとかなりの数が持って帰られてしまったとか…。
間違えてなのか、はたまた…。

またこの日は本来、飯山線の観光列車「おいこっと」にて帰郷を予定しておりましたが、沿線地域の避難指示に伴い運休。1日も早い復旧をお祈り申し上げます。


2017年5月26日金曜日

Focus Diary 025 初夏の踊り子

Focus Diary 025 初夏の踊り子
平成29年5月19日 東海道本線 根府川〜真鶴

特急踊り子、といえば東京と伊豆方面を結ぶまさに「元祖」リゾート列車。そんな踊り子に使用されるのは国鉄末期に製造された185系。
時はバブル期。真新しい装いで登場した185系は当時の見る人の度肝を抜く、斜めに入ったストライプが印象的な車両でした。

あれから30年。

未だ色褪せない、いやむしろ現代風景にもマッチしているこの車両の踊り子からの撤退が発表されました。撤退、というだけで廃止、ではありませんのでこれからも臨時列車などの波動用として活躍が期待されます。…と言うことは現在波動用として使われている「あの」車両の行く末が心配されますが…

5月のこの日、予想以上の天気に目的地を変更。かねてより一度は訪れてみたかった名所・白糸川橋梁を訪問、踊り子の撮影に勤しんだ次第です。

が、この写真は決してベストな光線状態ではありません。本当ならばもう一本後の踊り子をターゲットにしておりましたが予想を上回る高温に相模湾はすっかり霞んでしまい…

海をカットしたこんな構図に。
ま、こちらはこちらで橋梁のアンダートラスもよく見え、何よりヘッドマークもわかりやすいので良かったのですが…。

最近は懐事情もあり近場の撮り&乗り鉄が続いておりますが、そろそろ遠くへ行きたくなってきましたなあ…。


2017年4月13日木曜日

Focus Diary 024 桜咲…イテナイ

Focus Diary 024 桜咲…イテナイ

水郡線 矢祭山駅

タイトルと写真がなんとなく一致していない気もするんですが…

ここは桜の名所で知られる水郡線 矢祭山駅。
矢祭山駅の周囲には数多くのソメイヨシノが植えられ、例年であれば観光客の目を楽しませています。
が、今年はやはり異常気象なのか。矢祭山駅で咲いている桜はホーム先端のこの1本だけ。
これはさすがに参りました。

例年であれば矢祭山駅近隣にある矢祭山公園のヤマザクラが開花しているかもしれない、そんな期待を抱かせてくれる時期ですが、そちらの方は…

全く。

実をいえばこの状況はネットの情報、またこの1日前に近辺を訪れた叔父の話、さらには当日の車掌さんの話からは十分推察できたこと。
ならば郡山方面にある、こちらも桜の名所・十津辺の桜が満開とのことでこちらを訪れても良かったのですが、矢祭山にやってきたのには訳があります。


察してください…

鮎、絶品です…。

この旅に出た4/10は青春18きっぷの最終日。幸運にも晴天に恵まれ満喫することもできました。なんとなく関東近辺で収めたような感じですが、いずれも久しぶりに乗る路線ばかり。さて今夏もこの切符を使う許可は出るのでしょうか??